導入事例日本土地建物株式会社様 休憩室リニューアル

2020年4月1日の日本土地建物グループと中央不動産グループの経営統合に伴い人数が増える事から、休憩室の稼働を上げたいとの理由でそのほかの課題をいただき提案をした案件になります。 従来の休憩室での課題として、 ①稼働率をあげたい ②落ち着ける空間にしたい ③誰でも使えるロッカーを、ある程度制限しながら複数で利用したい ④休養・救護の観点から、ベッドルームをきちんと部屋として区切りたい など要件を出していただきました。 その要件をお聞きしながら、オカモトヤでは【落ち着いた空間=照度を調節する】事で空間演出を図り、座席数の増加・コイン式のロッカーなどをご提案し、 案件を進めていきました。

業種
オフィスビル・商業施設・物流施設等の開発・賃貸・管理・マンション・戸建住宅等の開発・販売・賃貸など
社員人数
-
面積
-
施工時期
2019年12月

PM 内装 移転 ICT 新規什器 配線工事

下記、左右の写真は照度を明るくした時と間接照明やペンダントライトを使った時の写真です。 同じ空間でも照度を調節することにより、より温かみが出たり・明るさが出たり雰囲気が変わります。 照度計算もしながら、執務空間とは異なるくつろぎの空間演出しました。同時に、さまざまな使い方ができるように調光式の照明を導入しました。