導入事例自社ライブオフィス【OACIS:オアシス】事例

オフィス構築決定から移転まで、5か月間で実施した自社事例です。 デザインコンセプトは【OACIS:オアシス】。自社の基幹システムの名前と同じです。 皆が集まる場所として、固有名詞にしたかった事・社員に馴染みがある言葉である事・そして何よりその響きや意味から連想する空間は、【癒し】【緑】【自然】など今のオフィスに取り入れたい要素を十分に持ち合わせていました。 空間デザイン全体に、オフィスコンセプトかつ名称である【OACIS】を取り入れてデザイン・施工を実施しました。

業種
オフィス移転・リニューアル事業
社員人数
40人
面積
100坪
施工時期
2018年8月

PM 内装 移転 ICT 新規什器 配線工事

このフロアは2Fを自社のみで利用できる恵まれた環境です。 そのため、エレベーターホールから内装デザインを実施することにより受付空間を広くとる事ができました。 左は、イメージパース・右は施工あとの写真です。 パース通りの仕上がりになっています。

会議室は、ライブオフィスにご来社頂いたお客様と落ち着いてゆっくり商談ができる内装・ICTツールの導入をしました。 また、オカモトヤの今までの歴史を見ていただけるヒストリーパネルをキャンバス地でデザイン施工をしたのも拘りの一つです。

執務エリアは、中央に大型テーブルを配置し営業はフリーアドレスを採用しています。 その日・その時の自分の執務内容に合わせて、エリアを選択することが可能です。 このようにすることで、部門・Gを超えた偶発的なコミュニケーションが発生し、何か新しい発想が生まれる事でしょう。

固定席はデザインスタッフが利用しています。ずっと着席で執務をしていると体が硬直し血流も悪くなるので、自分で高さを調整できる上下昇降テーブルを採用しました。 また、ミーティング空間にも上下昇降テーブルを採用することでミーティングの内容や時間により環境を自分たちでコントロールすることが可能です。 収納・文具・コピー機など共有物はすべて1か所に集約しました。収納庫の上も作業スペースやミーティングスペースで利用できるように、天板を木調にしデザイン面での融合を図っています。

人に見られたくない仕事や、集中して執務を行いたい日はブース席や、個別上下昇降テーブル・パーテーション付個人席などを利用する事が可能です。