OFFICE COLUMN オフィスコラム

2017/11/17 働き方

勤怠管理システム導入で「働き方改革」

勤怠管理、どんな方法で管理していますか?

弊社でも、2年前まではタイムカードでの打刻、残業申請は紙を使い、休日出勤も紙で申請を行っていました。
営業が多いので直行直帰も紙の申請。
この申請書に社長が押印するという、大変非効率な運用を行っていました。

以前からあるタイムカードでの勤怠管理は集計が大変で、入力ミスや打刻モレ・申告の無いサービス残業などが気になります。
タイムカードでの勤怠管理に限界を感じ、勤怠管理システムを導入しました。

クラウド型勤怠管理システム市場シェアNo.1※1の実力を誇る勤怠管理サービスです。勤務時間の自動集計はもちろん、有給管理、シフト管理機能などもついて、初期費用0円、月額300円/1人の低価格。

クラウド型勤怠管理システム市場シェアNo.1※1の実力を誇る勤怠管理サービスです。勤務時間の自動集計はもちろん、有給管理、シフト管理機能などもついて、初期費用0円、月額300円/1人の低価格。