AED

2004年7月、厚生労働省からの通知によって、医療従事者でなくてもAED(自動体外式除細動器)が使用できるようになりました。
AEDは、医学的知識がなくても適切な一次救命処置が可能です。オカモトヤでは、安心できるオフィスの環境づくりをサポートいたします。

AED(自動体外式除細動器)とは

Automated External Defibrillatorの略で、エー・イー・ディと読みます。
AEDとは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になったときに、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになりました。
駅やスポーツクラブ、学校、公共施設等の人が多く集まるところを中心に設置され始めて、私たちが目にすることも多くなってきています。

AEDは、操作方法を音声でガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。
また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、安心です。
私たちは、AEDの音声指示に従って操作を進めればいいのです。
緊急の場面では知っているはずの行動もわからなくなってしまいがちなので、音声ガイドは私たち一般市民の救命活動の助けになります。

なぜAEDが必要なのか

心臓突然死はいつでも誰にでも起こる可能性があります。日本国内において、病院外での心臓突然死は年間全国で約5万人(一日130人以上)とも言われています。
その心臓突然死の原因のほとんどが「心室細動」であり、この心室細動を治す唯一の方法は“電気ショック”です。
発作を起こした最初の数分間にAEDを使用して“電気ショック”をすること、それが命を救うには必要なのです。

心室細動とは

心臓の筋肉がけいれんをしたような状態になり、全身に血液を送るポンプ機能を失った状態になる致死性不整脈の一つです。

心室細動の唯一の治療方法が、除細動器(AEDを含む)で電気ショックを与えることだと言われています。

心室細動は、発生から1分経過する毎に心拍再開率は約10%ずつ低下していきます。救急車が到着する前に、現場に居合わせた私たち一般市民による“心肺蘇生法”+“電気ショック”が必要です。

救急車の全国平均到着時間は約7分半。

救急車到着前の救命行動により、救命率の低下は、約10%→3~4%となり、助かる確率が高くなるのです。

救急車到着前のアクションが、救命率の向上へのカギとなります。

製品情報 心肺蘇生・AEDの使い方