防災・耐震

東日本大震災以来、防災・耐震の企業における関心は高まっています。
オフィスの耐震に関するご相談から、防災用品などの手配・ご提案まで、お客様と共に社員の方々の安心・安全を守るお手伝いをサポートいたします。

オフィス向け防災用品

東京都は帰宅困難者対策を総合的に推進するための条例を制定しました。
条例は、平成25年(2013年)4月から施行されます。
オカモトヤでは、事業者に課せられた努力義務のうち 「従業員向けの3日分の食料等の備蓄」 について、提案・調達をいたします。

3日分の備蓄量の目安とは?

従業員向けの備蓄例としては

飲料水:1人あたり1日3リットル×3日 計9リットル
主食:1人あたり1日3食×3日 計9食
毛布:1人あたり1枚

その他の特に必要性が高い備蓄品として、
簡易トイレ、敷物(ビニールシートなど)、携帯ラジオ、懐中電灯、乾電池、救急医療薬品類。
さらに検討品として、副食(缶詰め等)、ヘルメット、軍手、地図、工具類、調理器具 等が上げられています。

必要な物を必要な数だけ~お客様のオフィスに合う品物をお届けいたします

オフィスの規模や保管スペースによって準備する品目は異なってきます。
オカモトヤはお客様と相談しながら、それぞれのオフィスに合った防災用品を準備いたします。
また、新入社員分を追加購入したい。備蓄食料の期限が切れるのでそれだけ買い換えしたい。
そんなご要望にもお応えいたします。

防災用品の一例

個人配布方の防災セット

保存水。キャビネットに入るサイズです。

エレベーター防災キャビネット

オフィスの耐震

地震対策の中で一番重要なのは、建物の耐震補強や家具の転倒防止です。
阪神淡路大震災において、死亡原因の8割は、建物の倒壊と家具の落下防止による圧死・窒息死だったと言われています。
地震時は家具や機器が凶器となって襲いかかります。事前の対策が社員の生存率を高めます。